武蔵小山で矯正するならココ!おすすめ矯正歯科ガイド

サイトマップ

武蔵小山で評判の矯正歯科リスト » 誰にも知られず治したい 目立たない矯正について教えます » 目立たない表側矯正のABC

目立たない表側矯正のABC

目立たない表側矯正、そのメリットとデメリットは?

目立たない矯正の中で、従来からある表側矯正を目立たなくしたものについてまとめました。メリットやデメリットを紹介していきますね。

表側矯正についてのおさらい

歯科矯正といって、多くの人が真っ先に思い浮かべるのがこの表側矯正でしょう。金属製ブラケットとワイヤーを歯の表側に装着するやり方です。

強度に優れ対応できる治療の幅が広く、価格面では最もリーズナブル。でも、わたし明美もだったけど、ギラギラした器具に敬遠してしまう人も多いですよね~。

そうしたことを受けて、表側矯正でありながら、目立たない工夫したものが出てきているんですよ。それが「審美ブラケット」です。

目立たない表側矯正、審美ブラケットとは?

一般的な表側矯正で使われるのは金属製ブラケットとワイヤーなのに対し、審美ブラケットはセラミックや樹脂製で白や透明のブラケットを用いて、ワイヤーまで白くしたものを使う(そうでない場合もありますが)やり方です。

周りの人からまったく気づかれないとまでは言えませんが、金属製ブラケットに比べれば、はるかに目立たない特長がありますよ。

審美ブラケットのメリット

審美ブラケットのデメリット

表側矯正のもうひとつの種類:セルフライゲーションブラケット

厳密には「目立たない矯正」ではありませんが、近年登場したもうひとつの表側矯正「セルフライゲーションブラケット」についても紹介しておきましょう。

簡単に言えば、これまでの表側ブラケットに比べワイヤーとブラケットの摩擦力を少なくして治療の痛みを軽減、より効率的に歯が動くので、従来の装置に比べて通院の頻度が少なくなるのです。

ただし、これも従来の表側ブラケットに比べると、費用面では高額になってしまいます。また、ブラケット自体のサイズも従来のものより大きくなるので、目立たない矯正を求める人には、むしろ逆になってしまうかもしれません。